2019.06.26

コラム

INFORMATION

派遣の契約が更新されない!理由とモチベーションの保ち方

PICKUP

更新されると思っていた派遣の契約が「更新されない」と告げられたら、ショックですよね。「自分になにか問題があったのか」「これからどうしたら良いのか」など、いろいろな不安を感じてしまうことでしょう。

ここでは、派遣の契約が更新されない理由、更新されなかったときのモチベーションの保ち方、契約終了後の働き方について説明します。派遣契約が更新されないのは、珍しいことではありません。この記事が、派遣の契約が更新されないときの参考になれば幸いです。

派遣の契約が更新されない理由

PICKUP

真面目に働いていたつもりなのに契約が更新されないと、戸惑ってしまいますよね。派遣の契約が更新されない理由は個人の問題のこともありますが、企業の問題の場合もあるでしょう。派遣の契約が更新されない理由を、個人の問題と企業の問題に分けて説明します。

個人の問題

同期で入ったほかの派遣スタッフは更新されたのに、自分は更新されないことがわかったら落ち込んでしまいますよね。更新されたスタッフと、「自分との違いはなんなのだろう」「なにか問題を起こしただろうか」と悩んでしまうことでしょう。派遣の契約が更新されない個人の問題の主な理由を説明します。

派遣社員のスキル不足

派遣社員は、繁忙期の人手が足りない時期に期間限定で雇われることが多い傾向です。つまり、ヘルプ要員です。派遣社員で働き始めると研修を受けたり、マニュアルをもらって説明を受けたりします。早く業務の戦力になってもらうためです。

しかし、何度説明をしても覚えが悪い、ミスが多いということが重なると、「スキルが足りない」という査定をされてしまいます。繁忙期のヘルプ要員として、不適格だと判断されてしまうということです。

派遣先企業からスキル不足と判断されると、登録している派遣会社に連絡がいき、派遣会社の担当者から更新されないことを告げられることになるでしょう。担当者によっては、はっきりと「スキル不足と連絡がきたので」と、更新されない理由を告げてくることがあります。

スキル不足が理由で更新されないことはあり得ることですが、過剰に落ち込む必要はありません。仕事には向き不向きがあるため、評価されないことがあるのも仕方ないことです。

勤務態度の問題

いくら仕事ができたとしても、勤務態度が悪いと契約を更新されないことがあります。具体的には、遅刻・欠勤・早退が多いことです。週に何日という条件で雇われたのに、頻繁に欠勤していたのでは、予定していた仕事量をこなすことができません。

同じように、休憩時間を長く取りすぎ、席を立っている時間が長すぎるなども勤務態度の評価につながります。また、携帯電話の持ち込み禁止など、企業ルールに従わないこともNGです。

職場内でのコミュニケーションを円滑に行うことも大切です。職場の雰囲気を見て、置かれた場に適した対応をするようにしましょう。

企業の問題

派遣社員にはなにも問題がなくても、派遣先企業自体や派遣先企業と派遣元企業間の問題で派遣の契約が更新されないことがあります。具体的にはどのような問題があるのか、見ていきましょう。

企業の方針が変わった

派遣社員を受け入れるときに決まっていた派遣先企業の方針が、就業後に変更になることがあります。原因としては「経営者が変わり経営方針が変わった」「進めていた業務が企業の都合によって中止になった」などです。

企業の方針が変わったことにより、雇われた派遣社員が必要なくなってしまうことがあります。契約期間が残っていた場合、同じ企業内のほかの仕事を紹介される可能性もないとはいえません。しかし、紹介されずに契約終了になることもありますし、紹介されたとしても希望する業務ではないことで、契約終了になることもあります。

人件費の削減

派遣先の企業の都合で、人件費が削減になることがあります。正社員の給与カットやリストラは簡単にはできないため、真っ先に契約を解除されるのは派遣社員。いわゆる派遣切りといわれるものです。

派遣社員であっても、正社員と同じくらい仕事をこなしている人もいます。なぜ自分が切られるのだろうと、悔しく感じることもありますよね。しかし、非正規雇用の派遣社員である限り、企業の予算がなくなったときに切られてしまうのは、仕方がないことといえます。

契約更新なしのモチベーションの保ち方

PICKUP

派遣の契約が更新されないと、モチベーションが下がってしまいがちです。更新されると思っていたのに、更新されなかったら、落ち込んでしまいますよね。契約更新されなかった場合のモチベーションの保ち方を4つ紹介します。

割り切ってポジティブに働く

もともと、派遣社員は期間限定の繁忙期のヘルプ要員です。契約が更新されなかったら、「やる仕事が終わった」とクールに受け止めましょう。

また、スキル不足などの理由で更新されなかったとしても、縁がない職場だったと割り切る精神力が大切です。更新されないからといって投げやりな態度をとるべきではありません。契約期間いっぱいは精力的に、ポジティブに働きましょう。前向きに過ごしたほうが、自分も周りも気持ち良いですよ。

スキルアップにつなげる

派遣での実績を重ねていくと、次の仕事を紹介されやすくなります。きちんとした勤務態度で契約期間満了まで働くことで、信頼されるようになるためです。

また、派遣の仕事でこなしてきた経験は、スキルとして身につきます。雇う側も未経験者より、経験者を好むことが多いでしょう。なぜなら、派遣の仕事は即戦力を求められるからです。

続けてきた仕事の契約が更新されないとしてもポジティブにとらえ、スキルアップにつなげていきましょう。

有給休暇を取得してゆっくり休む

派遣社員であっても、同一の派遣会社で6ヶ月以上働けば、有給休暇が付与されます。ただし、全労働日の8割以上出勤していることが条件です。欠勤が多かった場合は、有給休暇は付与されないので注意しましょう。

契約が更新されないことが決まったら、契約期間中に有給休暇をしっかりと取得します。次の仕事のためにも、ゆっくり休んで英気を養うのがおすすめですよ。

今後のやりたいことを考える

派遣社員のメリットは、期間限定で働けることです。更新されないことで落ち込むよりも、今後やりたいことについて考えるようにしましょう。

引き続き派遣で働くのなら、次の職探しを契約期間中に始めてしまうのがおすすめです。契約期間終了までに次の仕事が決まっていれば、精神的に安定しますよ。

また、契約を更新されなくても会社都合による退職扱いなら、6ヶ月以上働いていれば、失業保険が出ます。毎月の給与から「雇用保険料」が引かれているか確認してみましょう。また、契約が更新されないと告げられたときに、会社都合扱いになるか聞いておくことが大切です。

失業保険の支給には、派遣会社が発行する離職票が必要になります。離職票の発行を派遣会社に頼むことを忘れないようにしましょう。離職票は手元に届くまでに、1ヶ月ほどかかることがあります。

離職票が届いたら、印鑑、写真、普通預金通帳、マイナンバー確認証明書、本人確認証明書などを持って、最寄りのハローワークにいきましょう。失業保険をもらってゆっくり過ごしながら、今後どうするかを考えるのも楽しいものですよ。

契約終了後の働き方

PICKUP

派遣の契約が終了した後、どうしたら良いのか迷ってしまっている人もいますよね。契約終了後の働き方の例を紹介します。

次の仕事を紹介してもらう

派遣の契約が更新されないと決まったら、登録している派遣会社の担当者から「契約終了」を告げられます。その際に、契約終了後にできる仕事がないか聞いてみるようにしましょう。

仕事ぶりが評価されていれば、派遣会社からの信頼を得られているはずなので、条件に合う次の仕事を紹介してもらえることがあります。派遣会社としても、問題のあるスタッフを使いたくはないので、仕事で実績があると紹介してもらいやすくなりますよ。

別の派遣会社に移る

派遣会社は数多くあります。今まで働いていた派遣会社で条件に合う仕事が紹介してもらえなかったら、別の派遣会社に登録しましょう。

フルタイムで働き、厚生年金保険にも加入している場合、同じ派遣会社で働き続ければ、保険証の切り替えも必要ないので楽です。しかし、条件に合わない仕事を無理に続ける必要はありません。

保険の切り替えは簡単にできるので、条件に合う仕事に就くことを優先したほうが賢明です。派遣会社の登録に上限はないので、気になる案件があればどんどん面談にいき、派遣社員登録を済ませましょう。オンラインで簡単に登録が済ませられる派遣会社もありますよ。

大きな派遣会社のほうが、紹介してもらえる案件数を多く持っています。また、派遣会社ごとに得意な分野も異なるので、就きたい業種によって登録する派遣会社を選ぶことも大切です。

正社員を目指す

「非正規雇用の派遣社員のままだと、また簡単に契約終了にされてしまう」という不安から解放されたいのなら、正社員を目指すのも良いですね。

「期間限定で働ける派遣社員は気が楽」「職場での問題を、直接職場の人に相談するのではなく、派遣会社の担当者に相談できるのが心強い」など、派遣社員として働くメリットはたくさんあります。

もちろん、正社員として働いていたとしても会社の業績不振や本人のスキル不足により解雇になってしまうことはあります。それでも「正社員として責任ある仕事をしたい」「少しでも安定したい」「ボーナスが欲しい」と望むのであれば、契約終了後に正社員を目指すようにしましょう。

派遣社員に交通費が別途支給されることは稀です。近くに働きたい職場がなく、交通費が大きな負担になっている人も、派遣社員よりも正社員を検討するのがおすすめです。

まとめ

PICKUP

非正規雇用である派遣社員は年々増えています。決められた契約期間で働くので、「次の契約は更新されないかも」と不安を感じる人もいるでしょう。しかし、「期間限定だから気が楽」「次々にいろいろな職場を体験できるから楽しい」など、好んで派遣社員として働くことを選ぶ人もいます。

契約が更新されないことを不安がるのではなく、派遣社員はそういうものだと割り切って働く気持ちが大切です。更新されないことで落ち込む必要など、まったくありません。

更新されなくても契約期間中はきちんと仕事をこなし、しっかりと有給休暇は取得して、次の職場探しに動きましょう。働き方を自由に選べる派遣社員のメリットを最大限に活かし、合う職場で気持ち良く働いて、派遣社員生活を精一杯楽しんでくださいね。

関連記事RELATED POSTSINFORMATION

  • PICKUP

    コラム/
    派遣社員が育児休暇を取るには|取得条件と復帰のポイント

    2019.06.26
    INFORMATION
    DETAIL
  • PICKUP

    コラム/
    派遣という働き方のコツ:業種別のモデルケースを紹介

    2019.06.26
    INFORMATION
    DETAIL
  • PICKUP

    コラム/
    派遣の受入期間制限である「抵触日」とは|延長やリセットはできるのか

    2019.06.26
    INFORMATION
    DETAIL
  • PICKUP

    コラム/
    派遣の顔合わせでの服装や持ち物|当日の流れ

    2019.06.26
    INFORMATION
    DETAIL

インフォメーション INFORMATION