2019.06.19

社員インタビュー

INFORMATION

「選んで良かった」と思われる会社を目指して

PICKUP

風通しが良く、日々良い刺激を受けられる職場環境

私がMAYA STAFFINGに入社したのは、約2年前。入社当初は、コールセンターを運用する部署に配属されました。もともと人材業界で働いていたものの、コールセンターの知識はほぼない状態からのスタートだったので、コールセンターの運用方法についてクライアントからご指摘を受けることも多くて大変でした。ただ、その分すごく成長できたと感じています。上司らに教わりながら、時には見様見まねでやってみたり、徹底的に勉強したり。徐々に知識と経験を積み重ねました。

当時、上司には仕事の進め方やクライアントへの伝え方など、本当にいろいろと親身に相談に乗ってもらいました。当時学んだことは、今でも仕事の基盤になっていると感じています。冨留田社長の存在も、私にとって非常に大きいですね。強力なリーダーシップや人柄をとても尊敬しています。「すごい人だな」と目標にできる方が身近にいるというのは、幸せなことです。上司や経営陣との距離が近く、日々良い刺激を受けながら働けるという職場環境は当社の魅力の一つだと思います。

九州支店への異動が、重要なターニングポイントだった

PICKUP

現在は、2018年にオープンした九州支店の支店長代理として業務に従事しています。九州出身で、いつか故郷に錦を飾りたいと考えていたことも手伝い、支店開設の話が挙がった際に「九州は任せて欲しい」と自ら立候補しました。まだまだ社歴の浅い私の想いを真正面から受け止め快諾してくれる、会社としての懐の深さ、柔軟さに感謝しています。

九州支店への異動は自分にとって大きなチャレンジでもありましたし、より成長できるチャンスでもありました。それまでは組織の一員として、与えられた業務を遂行するという感覚でしたが、今は支店という組織の舵を取りながら自分の責任で売上を管理して、発展させなければならないと考えています。仕事に対する視点が変わったなと感じています。

支店の社員数は、私に加えて営業2名と事務1名の計4名。BPOで当社が引き受けているコールセンターの管理を営業の2名に任せ、私は支店管理、取引先の新規開拓や派遣スタッフの管理を担当しています。業務は多岐にわたりますが、スタッフとの面談を大切に捉えており、月に1回程度を定例として困ったときには電話やメールでいつでも相談に乗っています。支店の売上を高めることは当然重要ですが、まずはスタッフが長く働きやすい環境を作ることに最も力を入れています。

「ここに入って良かった」と思ってもらえる会社作りに貢献したい

PICKUP

全ての従業員に気持ちよく働いてもらいたいと思っています。そのために、社員もスタッフも関係なく、一人ひとりと随時コミュニケーションを図りながらお互いの意識を共有し、勤務時間内にしっかりと仕事を終わらせることができるように配慮しています。全従業員が高いモチベーションを保ち、良い雰囲気で仕事ができるように、常に心掛けています。

そしてそのようなポジティブな雰囲気作りは、九州支店の従業員全員が意識しています。各々がきちんと成果を出すことを重要視しながらも、お互いが気持ち良く働けるような言葉遣いや相手の立場に立って考えられる優しさなど、基本的なマナーも大切にしながら働いています。

現在の目標は、九州支店をより大きく成長させることです。従業員全員が「MAYA STAFFINGに入って良かった」と思えるような魅力的な会社になることで、必然的に人が集まり売上もついてくるはずと考えています。そんな会社にするために今自分ができることを考えながら、日々仕事をしています。

関連記事RELATED POSTSINFORMATION

  • PICKUP

    コラム/
    派遣社員が育児休暇を取るには|取得条件と復帰のポイント

    2019.06.26
    INFORMATION
    DETAIL
  • PICKUP

    コラム/
    派遣という働き方のコツ:業種別のモデルケースを紹介

    2019.06.26
    INFORMATION
    DETAIL
  • PICKUP

    コラム/
    派遣の受入期間制限である「抵触日」とは|延長やリセットはできるのか

    2019.06.26
    INFORMATION
    DETAIL
  • PICKUP

    コラム/
    派遣の顔合わせでの服装や持ち物|当日の流れ

    2019.06.26
    INFORMATION
    DETAIL

インフォメーション INFORMATION