コラム

紹介予定派遣にはデメリットがある!その仕組みと一緒にメリットも説明

一言で派遣社員といっても、さまざまな形態の雇用契約があります。自分が働きたい目的に応じて、適切な派遣契約をする必要があるのですが、紹介予定派遣とはいったいどのような派遣形態なのでしょうか。

もちろん、メリットもあるのですが、デメリットもあるので十分に注意して契約をすることが必要です。ここでは、紹介予定派遣の仕組みやメリット、デメリットについて紹介します。

紹介予定派遣とは


紹介予定派遣とは、最長6ヶ月の派遣期間を終了したあと、派遣社員本人と派遣先企業が合意した場合に、派遣先の企業の社員として契約できる派遣社員の一つの働き方です。通常であれば、正社員契約をして入社してみるまで、その企業がどのような会社の雰囲気であり、実際に自分が行う仕事がどのようなものであるのかということは確認することが難しいでしょう。

また、未経験であったとしても派遣契約期間中に経験を積むことができるので、希望の職種に就きやすい傾向があります。さらに、派遣会社がさまざまな企業を紹介してくれるので、自分が知らなかった企業を知るチャンスでもあります。

派遣社員だけではなく、企業側にもメリットがあるのが紹介予定派遣の特徴です。企業側としても、面接だけでは見極めることができない派遣社員の性格や仕事ぶりを確認することができます。そのため、採用してみようという気持ちになりやすいでしょう。

紹介予定派遣と一般派遣との違い


紹介予定派遣と一般派遣では、前提として見据えている目的が異なります。紹介予定派遣というのは、派遣期間終了後にその派遣社員を正社員や契約社員のような直接契約をして迎えるかどうかを前提にしています。

そのため、一般派遣であれば禁止されている派遣先企業と派遣予定社員の事前面談が行われます。社員として採用することを前提としているので、当然のことともいえます。また、派遣期間も異なります。

通常の派遣であれば、短期の労働契約を定期的に更新して最大3年以内で同一の職場で働くことが可能です。一方で、紹介予定派遣の場合は、派遣期間とは試用期間ともいえるので、最長で6ヶ月以内に定められています。また、派遣期間終了後に社員登用しなかった場合に、継続して派遣社員として業務に従事させるのは禁止されています。

一般派遣では、派遣契約期間中に派遣社員と派遣先企業が直接雇用契約を結ぶことはありませんが、紹介予定派遣の場合は派遣期間の終了を待たずに随時直接雇用に切り替えることが可能です。なお、直接雇用する場合は、派遣先企業は派遣元企業に一定の手数料を支払う必要があります。

紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣には、どのようなデメリットがあるのか、しっかりと確認しておきましょう。

直接雇用前提でも企業側が合意しない場合がある

紹介予定派遣であっても、必ずしも直接契約に至らないというデメリットがあります。紹介予定派遣では直接雇用に至るために、派遣社員と派遣先企業の双方の合意がなくてはなりません。どれだけ自分がその企業が気に入って直接雇用をしてほしいと思っても、企業側が何らかの要因によって合意しなかった場合、直接雇用となることはなく派遣終了となってしまいます。

派遣先企業は、派遣期間を利用して派遣社員の人となりや、仕事ぶりを見極めて合意に至ります。つまり、長期にわたっての採用試験といっても過言ではありません。

また、採用する予定で紹介予定派遣を利用していたとしても、なんらかの理由によって体制が変わり採用ができなくなるケースもあるかもしれません。

このように、紹介予定派遣だからといって、派遣期間終了後に必ず直接雇用というわけではありません。楽観視せずに働きながら次のこともある程度考えておく必要があります。

直接雇用が正社員とは限らない

直接雇用イコール正社員ではないので注意が必要です。意外に勘違いされやすいのですが、直接雇用が正社員雇用だと思っているケースがあります。もちろん、正社員雇用を意識して紹介予定派遣を利用している企業も多い傾向です。

しかし、中にはまずは契約社員からスタートしたいと考えている企業も少なくありません。直接雇用とは、派遣契約と違って労働者と企業側が雇用契約するものであるため、正社員雇用だけではなく、契約社員雇用やアルバイト・パート雇用も直接雇用に該当します。

6ヶ月の派遣期間が終了して、直接雇用の合意に至る際に、「実は正社員じゃなかった!」ということにならないよう、紹介予定派遣に申し込む前に紹介後の雇用形態について確認する必要があるでしょう。

直接雇用で給与が下がることもあり

紹介予定派遣を終了して、直接雇用に至る際に給与が下がってしまうリスクがあります。一般的に紹介予定派遣であっても、一般派遣と同様に給与の計算は時給計算をするケースが少なくありません。

直接雇用で正社員や契約社員になる場合、一般的には月額報酬になることが多くありますが、月収ベースへの契約見直しの結果、単純に給与が下がってしまうリスクもあります。

ただし、直接雇用で正社員や契約社員になった場合、ボーナスが出る場合もありますので、給与月収ベースの給与だけを見て収入が下がると考えるのは利口とはいえません。そもそも給与の算出根拠である雇用契約が切り替わるのですから。

月々の給与の提示を受けた場合は、ボーナスや労働時間、残業時間などの時間外労働分の収入を考慮したうえで、提示内容を確認する必要があるでしょう。また、雇用契約が派遣元企業から派遣先企業に転換する際に、給与やボーナス以外にも待遇が変わりますので、トータル的に見極めるようにしましょう。

有給取得まで時間がかかる

紹介予定派遣の場合、有給取得まで時間がかかる傾向にあります。一般的な企業の場合、入社してから数日だけ有給休暇を付与して、半年以上働いた場合に残りの有給休暇を付与するケースが多くなります。

しかし、入社時に付与される有給休暇というのは、企業側の行為によって付与されています。実は、労働基準法上では、入社後6ヶ月後に有給休暇を付与すると定められており、入社から6ヶ月経過するまでは付与する必要がありません。

企業によっては、入社後すぐに付与されないケースもあるので、注意が必要です。紹介予定派遣の場合、最初の6ヶ月は派遣元として雇用契約を結んでいるので、派遣後直接雇用することで初めて、企業との労働契約が開始されます。

つまり、場合によっては1年間働かないと有給休暇を付与されないケースもあるのです。有給休暇の付与条件などもしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

応募するまで企業名がわからない

そして、実際に紹介予定派遣に応募してみるまで、どのような企業かわからないというデメリットもあります。一般的に紹介予定派遣を求人サイトで探すことも多いのですが、紹介予定派遣に限っては、WEBサイトなどで企業名が公開されていません。

そのため、案件内容や就業場所などを目安に選んでいく必要があるのです。短期の派遣であれば、企業名がわからなかったとしても気軽に申し込みをすることができるものの、直接雇用を前提とした紹介予定派遣で企業名がわからないのは辛いものがあります。

直接雇用となれば、将来的に何十年も働く可能性があるので、できればしっかりと調べたうえで申し込むようにしましょう。

ただし、派遣会社に登録したうえで派遣会社から紹介予定派遣の案件紹介を受けるときは、企業名が記載されているので、紹介予定派遣を必ず利用して派遣先を探すのであれば、このデメリットはないともいえます。

紹介予定派遣にはメリットもある

ここまで、紹介予定派遣のデメリットを紹介してきましたが、もちろんメリットもあります。詳しく見ていきましょう。

直接雇用前に会社を見極められる

紹介予定派遣は、直接雇用となる前に会社を見極められるというメリットがあります。一般的な採用の流れの場合、実際の業務内容や会社の雰囲気などを把握することは難しくなります。

そのため、せっかく採用されたにもかかわらず、会社の雰囲気が合わなかったり、思っていた仕事と違う仕事をさせられたりすることなどによって、短期間で退職してしまう人も少なくありません。

紹介予定派遣では、実際に直接雇用に至る前に、最長6ヶ月の派遣期間があります。この期間に、実際に職場の雰囲気や仕事内容を見極めて、これから長期間一緒に働いていくことができるかを吟味することが可能です。

企業と社員との間のミスマッチを極力減らすことができるので、直接雇用になった場合でも安心して仕事を続けることができるでしょう。

派遣期間は通常派遣より時給が高い

一般派遣と違い、紹介予定派遣は6ヶ月と比較的短期間ではあるものの、この期間に限っていえば、一般派遣に比べて時給が高くなるケースが多くなります。目に見えて高いというわけではないものの、同じ仕事内容の場合は高くなりやすいでしょう。

紹介予定派遣の場合、直接雇用に至ると派遣元の会社は派遣先企業から一定の手数料を受け取ることができます。派遣会社としても積極的に応募してもらい、直接雇用へとつながってほしいという考えがあるのです。

そのため、通常の派遣契約よりも高めの時給を設定して、応募数を増やそうとしています。派遣社員として働こうとした場合に、もし最終的に直接雇用になってもかまわないというのであれば、一般派遣ではなく紹介予定派遣にすることで、高い時給の仕事を探すことができるでしょう。

未経験職種でも応募できる

紹介予定派遣であれば、未経験の職種でも積極的に応募していくことが可能です。一般派遣の場合は、企業側が希望する職種について一定以上のスキルが求められます。

また、派遣社員ではなく正社員や契約社員の中途採用であっても、募集する職種について一定以上のスキルがあれば、優遇される傾向があるでしょう。しかし、紹介予定派遣の場合、直接雇用に至るまでに最長6ヶ月の派遣期間が存在しています。

そのため、企業側も紹介予定派遣申し込みの時点では未経験であったとしても、「派遣期間中にそのポテンシャルを見極められれば良い」と考えるケースも少なくありません。

このように、未経験の業界や職種に挑戦したい場合でも、紹介予定派遣という働き方が優位になることがあるのです。

まとめ

紹介予定派遣とは、最長6ヶ月の派遣期間終了後に派遣先企業と派遣社員で双方の合意があれば、直接契約できるという働き方です。自分が希望しても企業側からの合意がなかったり、直接雇用が必ずしも正社員でなかったりするという点はデメリットになります。

しかし、「ミスマッチを減らすことができる」「未経験業界の仕事でもチャレンジしやすい」などのメリットも魅力的です。これらのメリットやデメリットを把握してうまく紹介予定派遣という制度を活用していきましょう。

記事一覧へ