コラム

派遣社員はみじめって本当?どんなときに感じるか体験談も紹介

派遣という立場から、給与や待遇などさまざまな問題で正社員をうらやむこともあるかもしれません。派遣社員をしている方で、自分の置かれている境遇をみじめと考える人も多くいます。派遣社員がみじめと感じるのはどのようなときでしょうか。

派遣社員でみじめと感じている人は多い

派遣社員として勤めていて、職場でみじめと感じる人は多くいます。その中でも大きな理由は「派遣社員は期間限定のもので責任のある仕事をさせられない」といった点です。同じ職場にいてもその仕事内容にやりがいがないと感じているケースも多々あるようです。そのほか、待遇面はもちろんのこと、ちょっとしたことでも「派遣だから?」とみじめに感じるケースはあるといいます。

派遣社員であるが故の理由

派遣社員は、正社員と同じような仕事をしていたとしても、実際の環境は大きく異なります。その中でも主な内容は以下のとおりです。

派遣切りの可能性

派遣法には抵触日があり、最大でも同じ職場で働くことができる期間は3年と決まっています。抵触日を超えて派遣先が派遣社員を継続してもらうようにするためには、直接雇用することが必要です。

将来的に現在勤めている会社で正社員になりたいと思っている場合は、良い制度なのですが、必ずしも派遣社員全員が正社員になりたいと考えているわけではありません。

また、多くの派遣社員は、3ヶ月ごとに契約の見直しをする必要があります。 そのため、3ヶ月ごとに職を失ってしまうという心配をする必要があるのです。いつ切られるかわからない状態で仕事に集中することは難しく、企業側も同じように育てようとは思わないのです。

収入の少なさ

派遣社員は、基本的に正社員のように昇給がありません。賃金を決めるのは、派遣元の会社から提示された金額となります。また、正社員のようにボーナスがあることがほとんどなく、2年、3年と勤続期間が延びるとともに年収が正社員と比べて低くなっていくことが多い傾向です。

さらに、正社員のような手当や交通費が支給されない場合、収入面の問題はどうしてもつきまといます。たとえ、派遣先の企業の業績が上がったとしても、直接収入に関わることは少ないためモチベーションを上げづらい点も懸念材料の一つです。

大手の派遣会社で同じ派遣先に多くの派遣社員がいる場合は、まだ値上げ交渉をできる可能性があるのですが、中小の派遣会社であれば容易ではありません。

正社員との格差

多くの企業は、派遣社員に責任のある仕事を任せてはいません。将来的に正社員になる方であれば良いのですが、いつ辞めるかわからない派遣社員に時間をかけて研修をしたり、重要な機密事項を共有することが少ないのです。そのため、多くの企業にとって派遣社員は人材不足の穴埋めと考えていることが多いといえます。

社会的な地位の低さ

派遣社員は、ボーナスや退職金があるわけではなく、期間が決まっていることから失業する可能性が高いため、社会的地位が低くみられる一面があるのです。契約更新がなく、次の仕事が決まらなければすぐに無職となってしまいます。

仮に子供がいる状態の派遣社員であれば、周りからはあまりよくみられないでしょう。また、派遣社員であれば、責任のある仕事をさせてもらってないことを世間は知っているのです。他にも派遣社員では、同じ理由で住宅ローンを申し込んでも審査が通過しにくいなどのデメリットがあります。

派遣先での扱い

派遣社員の中には、派遣先でひどい扱いを受けている人もいます。正社員とは待遇が違い、場合によっては「派遣社員は責任のある仕事をしていない」「どうせ契約期間が終わったら辞めてしまう」 とバカにしてくる人もいるかもしれません。

派遣先企業が派遣社員に関して十分に理解していれば良いのですが、派遣元企業によってはちゃんとした説明や対応をしていないこともあります。

派遣社員がみじめと感じる人の体験談

派遣社員として働いていて、みじめに感じると思っている人の中で特に多い理由を3つ実際の体験談とともに紹介します。

名刺を持つことができない

私は、派遣社員として営業業務についているのですが、他の正社員の営業と違い名刺を持つことができないのでお客様とのやり取りに苦労しています。名刺交換会があったときでも基本的に相手から名刺を受け取ることしかできず、みじめな思いをすることが多いのです。

また、名刺がないことから、相手になかなか信用をしてもらえず契約につながらないことも多くありました。クレーム対応をするときも、名刺があるとないとでは相手の信用度が大きく異なるため苦労をすることが多くなります。

社員と扱いが違う

どれだけがんばっていても、社員との扱いが違うように思います。全く仕事ができない正社員が出世していくのに対して、派遣社員はどれだけ頑張っても評価が変わることがありません。また、社員旅行や歓迎会などに呼ばれることはなく、よそ者扱いをされています。

社員の方に「なぜ派遣社員に対して冷たいのですか?」と聞いたところ「派遣社員は期間が決まっており、すぐ辞めるだけでなく社員と比べて大した仕事をしていない」といった答えが返ってくることもあります。担当の派遣元社員に相談をしたのですが「派遣社員だから仕方がない」といった答えが返ってきました。

同じ派遣元の派遣社員に話を聞いてみると、派遣先企業によってはこのような思いをしていないこともあり 派遣先の社風や派遣先企業と派遣元の担当営業によって大きく異なることもあるようです。

派遣社員というだけで下に見られる

派遣社員というだけで「いつまで遊んでいるの」「ちゃんと就職しなさい」といわれることがあります。実際には、大手企業で責任のある仕事を任されていても、世間的には評価は高くありません。中には派遣はバイトと変わらないと思っている人もいます。

派遣社員が楽しいと感じる人の体験談

全ての派遣社員がみじめに感じているわけではなく、楽しく仕事ができている人もいます。中でも多かった理由と体験談を紹介します。

担当営業がしっかりとしている

私が勤めている派遣先では、問題があることもあったのですが派遣元の担当営業に連絡をするとすぐに相談に乗ってくれたので安心でした。この点では正社員として働くよりも、間に入ってくれる人がいるので 上司と話すのが苦手な私にとって安心して働くことができる環境です。

また、問題点があったときだけではなく、派遣先が求めているOAスキルを派遣元で講習を受けることができるなど、派遣元の対応に随分助けられました。派遣元がしっかりしていれば、派遣社員が就業する前の段階で派遣先に対して「派遣社員が困ること」などを相談しておいてくれるのです。

つまり、派遣社員が嫌な思いするか楽しい思いをするかは、どの派遣会社に所属するかによって大きく異なってきます。

福利厚生がしっかりとしている

大手の派遣会社に所属すると、福利厚生が充実していることが多い傾向です。私が所属した派遣会社では、健康診断や、レストランやリゾート地の割引など多くの福利厚生が用意されていました。正社員であってもここまでの待遇はないのではないかと思ってしまうほどです。

スキルアップをすることができる

私が所属した大手派遣会社では、OA研修、ビジネスマナー、他にもいろいろな講座を無料で受講することができました。そのため、就業しながらスキルアップをすることができ、経験とスキルを活かしてより高給の仕事に就くことができました。

eラー二ングの他提携スクールを格安で利用することができます。講座の内容は経理事務、ビジネス英語など多くの種類があり、スキルアップをすることにより正社員となった派遣社員も多くいるのです。

派遣社員として働くことは、決してみじめな思いをした人ばかりではありません。中には、楽しいと感じて仕事をしている人たちもたくさんいます。また、派遣元の対応によっても、派遣社員の環境は大きく変わるともいえるでしょう。

派遣元の担当営業が派遣先との間に入ってくれて、働きやすい環境を作っていると満足度合いも高い傾向です。さらに、派遣先がこれまでに派遣社員を受け入れたことがあるか?という点をはじめ、派遣社員の受け入れ態勢がしっかりとしているかどうかによっても異なってきます。

最終的に就業をする人が何を求めるかによっても感じ方は違ってくるのです。場合によっては、正社員としてはなかなかできなかった仕事を、派遣社員としてすることができ、再度正社員になることができることもあります。

つまり、派遣社員という働き方が、その人にあうかどうかが一番大切なのではないでしょうか。

MAYASTAFFINGで対応できること

MAYASTAFFINGでは、派遣社員の方にも生き生きと働いていただけるようにさまざまな工夫をしています。

社内で働く(有期契約社員であればシフトの融通も利きやすい)

MAYA STAFFINGでは、派遣社員として以外に有期契約社員として、幅広い仕事を紹介しています。社内で有期契約社員として働くことにより、シフトの融通が利くなど風通しの良い職場で働くことが可能です。

資格を取得してもっと上の職場へ(資格取得支援制度)

MAYA STAFFINGには、スキルアップをすることにより現在の職場でもさらに上のポジションへ、またはもっと高いスキルを必要とする職場へいくための資格取得支援制度があります。現在はスキルが足りないため、したい仕事ができない方でも就業しながら資格を取得することにより将来的に自分がしたい職務に就くことが可能です。

まとめ

派遣社員が在籍する企業は多いのですが、実際には職場でみじめな思いをしている人も少なくありません。派遣社員は期間限定ということに起因する偏見から責任のある仕事をさせてもらえず、場合によっては残念なことに周りからいじめられているという話も聞きます。

しかし、逆に派遣社員だからこそ自分のライフスタイルを重視でき、楽しい思いをしている人もたくさんいます。結果的に、派遣社員だからみじめというわけではなく、その派遣先が派遣社員に何を求め、派遣元とどのような関係にいるのか、あなた自身がその派遣先でどのように立ち居振舞うのか、さまざまな要因によって受け取り方も変化するのではないでしょうか。

派遣社員として働く方法以外にも、人材サービスを利用して正社員になる方法、また契約社員として働きながらスキルアップをすることもできます。MAYA STAFFINGなどの実施する資格取得支援制度を利用する方法もあります。

派遣社員になる理由はそれぞれですが、もし派遣社員という働き方があわない場合には人材紹介サービスを利用する方法もおすすめです。就業までバックアップをしてくれるので、一人で悩むことはありません。まずは一度相談をすることからはじめてはいかがでしょうか。

記事一覧へ