コラム

派遣の仕事量が多すぎるときの10の対策方法

派遣の方が仕事量を多すぎるほど抱え、毎日残業が続き疲弊している方も少なくないはず。正社員と同等の仕事、それ以上の仕事量をこなしている人も多いのではないでしょうか。月に数日なら、どの会社にも遅くなる日はあるでしょう。しかし、毎日が繁忙期のように忙しい状態では体がもちません。

いくら「残業代が出る」「独身」といった環境下にあっても同様です。ここでは、派遣の仕事量が多すぎるときの対策方法を紹介します。派遣という雇用形態の強みを生かした方法で、適正な仕事量に調整していきましょう。

仕事量が多すぎるときの対処方法

派遣を雇用する企業では、派遣社員にどう働いてもらうかを検討しています。即戦力としてバリバリ働いてほしい企業もあれば、社員のサポート業務をお願いする企業もあるでしょう。しかし、どのような場合でも心身を壊しては仕事を続けられません。抱えきれないほど派遣の仕事量が多すぎる場合には、快適な勤務体制を整えるためにも対処法を知っておくことをおすすめします。

契約書の仕事内容をチェックする

派遣の仕事量が多すぎるときに、まず確認するのは自分の交わした契約書です。本来、どの仕事をすべきだったのかを見直すところから始めます。また、口頭で交わした業務内容なども再確認し書き出しておくのも良いでしょう。

派遣の仕事内容は、一般的に派遣会社から仕事を紹介される段階で説明を受けることができます。また、企業との面談の中でも仕事の説明や質疑応答が設けられるはず。しかし、ここまでは口頭での説明で、契約書には要約されることが多くなります。

例えば、「OA機器操作(政令第〇条第〇号業務)」という表記があれば、次のような仕事を想像できるでしょう。

・データ入力、作成、管理
・過程一体的準備、整理業務

エクセルやワードを使用した仕事が、主業務なのだと認識できるわけです。実際に行われている仕事が、もし経理業務や受発注業務に携わるようなものであれば、契約書にない仕事をしている可能性も出てきます。その場合は本来なら契約書には「経理(補助)業務」や「生産管理(補助)業務」と記載されていなければならないはずです。まずは、契約した内容が何だったのかを再確認しましょう。

自身の問題は改善する

「仕事量が多すぎる」と感じた場合には、まず仕事の流れを再確認します。自分がどう動けばタイムロスを減らせるのか、動線を考えることも必要です。また、主要な業務がどうしたら効率よく進むのかも考えて準備しなければなりません。派遣の仕事量が多すぎると感じてしまうのは、何も企業側の問題ばかりではないことも。

自分自身の段取りの悪さや処理能力の遅さということもあれば、指示をもらった後に認識の違いを確認せず、やり直しになることもあるでしょう。もしすべてできているなら、同じ職場で働く派遣の人はどのくらいの仕事量なのかもチェックしてみます。明らかに仕事量に差がある場合には、自分の問題ではないため相談が必要です。

しかし、新しい職場で派遣として働き始めるとき、一定期間は例外になることも。仕事の流れやコツをつかむまでにも時間がかかるのは仕方ありません。腰を据えて取り組み、何をどう効率化していけるのか探します。改善に努めていけば、自身の問題が解決するはずです。

派遣会社の営業に相談する

毎日の仕事量が多すぎることを派遣先企業に直談判する人がいますが、それは一呼吸置かなければなりません。なぜなら、雇用契約は派遣会社と結んでおり、派遣社員は商品として企業に派遣されているからです。まずは、自分の雇用主である派遣会社の営業に連絡をして相談するのが先決です。営業担当者は、各派遣先を巡回し仕事の様子を派遣先の上司に確認することができます。

また、業務内容の見直しが必要な場合には「契約内容と違う!」と訴えてみるのも良いでしょう。派遣先で派遣社員が快適に仕事をできるようにするのが、営業の役目です。自分の力不足を感じている場合でも、正直に相談してみましょう。解決策を見出してくれるかもしれません。

派遣先の上司に原因を報告する

仕事量が多いと感じるのは、仕事の分配をする派遣先の上司のマネジメント不足も原因の1つ。業務の流れや期日を伝えないまま、派遣にお願いしてしまうケースもあります。もし仕事量が多すぎる話をするなら、「多すぎます」「無理です」といういい方は禁物です。「手順が違っていないか確認してほしい」「それぞれの仕事の期日を教えて欲しい」といった具合に聞いてみましょう。

仕事を与える側に起きやすいミスによくあるのが、納期を伝えず仕事を振ってしまうこと。受けたものはすべて即日と勘違いして、派遣が焦っているだけというケースも多い傾向です。派遣も仕事を受ける際には必ず納期を確認し、スケジュールを組んで着手するクセを付けることが重要です。

ただ、企業側が「派遣にやらせてしまおう」といった悪意があると、派遣先の上司に相談するのは無意味になってしまいます。

雇用制度を切り替える

仕事量が多すぎることで雇用制度を見直すときには、仕事量に見合った収入を求め前進するのか、仕事量を減らすために勤務時間を減らすのかを選択します。社員と同等の仕事量を続けても、収入差の大きさにモチベーションが下がるなら、社員を目指すことも可能です。

契約更新を機に紹介予定派遣への転換を希望してみて、交渉する方法もあります。いったん期間満了を迎え、直接雇用になることも。社員になれれば、仕事量に見合った収入やボーナスも期待できます。こうした流れになる人たちは、社内でのコミュニケーションが取れることも大切な鍵になるでしょう。

逆に仕事量が多すぎて耐えられない人は、パートとして雇用制度を切り替え働く方法もあります。

時給交渉をしてみる

派遣の仕事量が多すぎる場合には、シンプルに時給を上げてもらえるよう交渉することも可能です。あえて派遣先に話さなくても、派遣会社に毎日の残業時間や業務内容など現状を報告してみましょう。

・忙しさの中で冷静さを欠き、ミスにつながってしまうリスクが高くなってしまうこと。
・直接社員から指示があったわけではないけれど、やらざるを得ない雰囲気があること。

例えば、上記のようなことを相談します。交渉は、必ず派遣会社の営業を経由して行うのが鉄則です。企業によっては働きぶりをみて、がんばりを評価してくれることもあるでしょう。しかし、多すぎる仕事量への時給が増えることで、仕事量は減らない(減らせない)ということも起こってきます。

時給交渉は、労働を適正な対価で評価してもらうという意味では有効ですね。

仕事量を減らす交渉をする

仕事には必ず納期というものが存在します。次の仕事がうまく流れるための過程の1つを派遣も担っているわけですが、納期がないと仕事に振り回されることになります。仕事量が多すぎても少なすぎても、原因が自分でもそうじゃなくても、むやみに走り続ける前に派遣先の上司に相談してみましょう。

仕事量に対する相談があれば、派遣先の上司は「慢性的な人手不足」や「繁忙期の間だけ人員を探す」「突発的な仕事への対応策」などを再考するようになります。新しい人員を増やすことも。普段から何でも相談できるよう、コミュニケーションを深めておきましょう。また、社内全体が残業体質な場合には、直談判せず派遣会社の営業から相談してもらうのがおすすめです。

契約更新はせずに別の仕事をする

派遣の仕事量は多すぎるけれど、間もなく契約更新を迎えるのであれば、少しの期間だけ仕事量を抱えてみることも方法の1つです。今後仕事量が減ることがないと考えると気が滅入ってしまいますが、期限が決められているだけでストレスも軽減できるでしょう。

派遣の契約期間は派遣先によって異なりますが、初年度は3ヶ月刻みや半年刻みでの更新も多い傾向です。数ヶ月がんばれば開放されると割り切ってがんばれば、期間満了で円満に退職できます。契約途中での退職があると、派遣先でも次の職場を紹介しにくいこともあるでしょう。しかし、契約期間を満了できれば、次の仕事紹介にもつながりやすいです。

また、派遣会社や派遣会社の営業と合わないということもあります。「単に紹介しただけで後は一切知らぬ顔をする派遣会社なのか」「定期的に連絡をくれて相談にのってくれる話しやすい派遣会社なのか」によっても異なるのです。派遣社員のためにしっかりサポートしてくれる派遣会社へ新たに登録することも検討してみましょう。

最終手段として仕事を辞める

派遣会社に相談しても、派遣先に相談しても、仕事量が多すぎる現実を解決する動きがない場合には、仕事を辞めるという手もあります。契約更新日を待っていれば、自分の体を壊すことにもなりかねません。

相談を怠らず、多すぎる仕事もこなしてきているわけです。もし派遣会社から次の仕事を紹介してもらえない事態が起こったとしても、他の派遣会社で登録を拒まれたり仕事の紹介を拒否されたりすることはありません。

もしも不遇な環境が続けば、労働基準監督署やユニオンなどの個人で加入できる組合などへ相談して解決を図ることもできます。不安にならず、決断のときには自分で道を選んでいきましょう。

まとめ

派遣は即戦力として期待している企業も多いため、力があると見込まれれば仕事も多く割り振られてしまうことが多い傾向です。もちろん、契約を交わせば、それに応えることが仕事ですが、許容範囲を超える仕事量ともなれば本来の力が発揮できない事態になりかねません。

紹介した対策方法を事前に頭に入れながら、契約内容や業務範囲外の仕事ではないかどうかも確認しながら、仕事の適正量を毅然とした態度で調整していくことを意識してみましょう。

記事一覧へ