コラム

派遣で働くメリットとデメリットとは|正社員とは異なる無期雇用についても紹介

一口に働き方といっても、正社員や契約社員など、さまざまな形態の働き方があります。そうした働き方の中でも、少し変わった働き方といえば、派遣社員契約です。派遣で働く場合、正社員などとはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、派遣で働くメリットやデメリットのほかに、正社員とは異なる無期雇用についても、詳しく紹介します。

派遣社員とは


派遣社員とは、派遣会社と雇用契約を締結したうえで、他の企業などに派遣されて働く働き方のことをいいます。

派遣社員に求められるもの

特定の企業に派遣されて働くということですが、企業側としては一般的な正社員とは違ったことを求めて派遣社員の受け入れをします。企業が求める派遣社員とは、吸収力と応用力、そして素直さや礼儀、コンプライアンスを有している人材です。新卒社員や中途社員を雇用する場合、これまでの学歴や仕事の経験などが重視されることが多いでしょう。

しかし、派遣社員の場合は、それらのことは重要視されていません。企業がやってもらいたい仕事を、求めに応じてこなす能力が必要となります。そのため、「以前の職場ではこうだった」というような意見はタブーといえます。必要なときに必要とする労働力を提供するのが、派遣社員の勤めであるため、給与は能力主義となります。

派遣社員のメリットを知る


派遣社員で働く場合、正社員と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

職種の選択肢の多さ

派遣社員の最大のメリットは、一つの雇用契約内で複数の職種や仕事を体験できることです。また、自分が希望する職種に就くことも派遣という枠なら容易にできるかもしれません。超大手企業などでは、総合職採用でさまざまな職種を経験できますが、雇用されたらずっと同じ仕事をしていくという会社も少なくありません。

派遣社員の場合、派遣先ごとにさまざまな仕事を体験することができるため、まるで大手企業の総合職のようにさまざまな経験を積むことができるでしょう。また、同じ職種であったとしても、企業ごとの特色を見ることができるのは魅力的です。

さらに、派遣社員契約をしているうちに頻繁に派遣先変更をしたとしても、履歴書上の職歴は1社となります。これにより関連の仕事を転々と転職した場合の職歴欄のように、相手によくない印象を与えるリスクもありません。
また、さらにこのメリットを突き詰めた「常用型派遣」という働き方も存在します。

期間限定で働くことも可能

派遣社員として登録することで、期間を限定して働くことも可能です。たとえば、正社員採用の場合、期間の定めのない長期的な労働契約となっています。そのため、万が一入社をして、思っていた会社と違っていたとしてもすぐに退職するのは困難なこともあります。また、契約社員として雇用された場合は、契約期間中は途中で辞めることができないケースもあるのです。

一方で、派遣社員契約の場合、一般的には3ヶ月などの短期での契約であることが多いようです。契約期間満了が近づいてくると、契約更新をするかしないかを企業はもちろんのこと、契約社員側も選ぶことが可能です。

また、そもそも短期間だけしか働くことができないけれども、アルバイトではなくしっかりとした給与をもらえる仕事をしたいという場合にも、派遣社員契約は大きなメリットがあるでしょう。

採用されやすい

派遣社員は採用されやすいというメリットもあります。一般的な正社員の場合、特定の仕事で働こうと思うと、募集している会社も限定され、さらに数少ない席を巡って多くのライバルと争わなければなりません。

しかし、派遣契約の場合は、まず派遣会社と雇用契約を結びます。一般的な正社員契約に比べるとはるかに採用へのハードルは低いでしょう。

また、正社員採用ではなく派遣社員の受け入れをしたいという企業も意外に多いものです。そのため、派遣契約を結んだあとの派遣先企業の紹介などもスムーズに進むことでしょう。

社会保険への加入や有給休暇の取得可能

アルバイト雇用などになると、やりたい仕事がないことや見つからないことも多く、さらにせっかく見つかっても短期の場合は社会保険に加入できないケースが多くなります。しかし、派遣社員の場合は、社会保険に加入することが可能です。

派遣社員の場合は、派遣先の社会保険に加入するのではなく、派遣契約をしている派遣会社の社会保険に加入します。そのため、派遣先が変わるごとに再加入する必要もありません。ただし、派遣社員全員が加入できるわけではなく、以下のような条件があります。

・雇用期間が2ヶ月を超える、もしくは超える見込みがある
・労働日数が1ヶ月の所定労働日数の4分の3を超える、もしくは1週間の所定労働時間が4分の3を超える
・健康保険は75歳まで、厚生年金は70歳までが対象

また、派遣社員は通常の正社員などと同じように有給休暇が付与されます。これは大きなメリットといえるでしょう。ただし、有給休暇を取得する場合は、派遣元・派遣先双方への連絡が必要となります。

女性が働きやすい

昨今、働き方改革によって女性の社会進出の重要性への理解度が高まってきています。女性は男性に比べて、妊娠や出産、育児などによって職場を離れることが多くなりやすい傾向です。

正社員などの場合、適切な手続きの元で育児休業などが取得できる仕組みにはなっています。しかし、企業によっては「許可を出してくれない」「将来の出世に影響がでてしまう」などの問題が発生することも少なくありません。

派遣会社であれば、ここまで紹介してきたような期間を限定して仕事をすることができます。そのため、妊娠や出産、育児などで仕事から離脱しなければならなくなったとしても、調整をつけやすいというメリットがあるでしょう。

また、育児がひと段落をすれば、再度派遣会社と雇用契約を結んで、派遣してもらえるので、社会復帰も比較的容易です。

派遣社員のデメリットを知る


派遣社員にはメリットも多いですが、デメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか、見ていきましょう。

同じ職場で3年以上働けない

派遣社員というのは、法律の定めによって同じ会社で派遣として働くのは3年が上限であると定められています。これは、派遣先企業が派遣社員を同一の待遇で雇用し続けることで、キャリアアップの機会を奪ってしまうことを防ぐために定められているのです。

基本的には、弱者となりやすい派遣社員のための法律ではあるものの、同じ企業で長期的に働きたい派遣社員によっては悩ましいルールであるともいえるでしょう。このようなルールがあることから、一般的には一つの会社で半年から1年半程度、そして長くても3年で他の会社に派遣されなければならないというデメリットもあります。

しかし、これはある意味チャンスでもあります。たとえば、3年の派遣契約が迫ってきた場合に、能力次第では企業が直接雇用を希望するケースもあるのです。より高いキャリアアップを目指すきっかけになるかもしれません。

 

不当解雇や解雇止めの可能性がある

派遣社員で働いていると雇止めなどのリスクが付きまといます。派遣先企業からの一方的な都合で契約を打ち切られる不当解雇については、近年ではあまり見られなくなりました。

かつては、不当解雇が横行していたのですが、近年では派遣会社が不当解雇の責任を負うようになったため、よほどのことではない限り不当解雇が発生することはないでしょう。ただし、合理的な雇止めが発生するケースがあります。

たとえば、労働契約が3回以上更新されている場合で下記のようなケースでは契約満了日をもって更新をしない事例もあります。

・1年以下の労働契約が反復更新されている
・1年を超える労働契約を締結している
・適切な理由がある

基本的には、正社員雇用をしたくない企業が派遣を受け入れることから、これらのケースが発生することもあるでしょう。

正社員との待遇の違い

派遣社員と正社員は待遇が大きく異なるケースが多くあります。特に収入面では大きく異なる傾向です。一般的な正社員の場合、給与は大器晩成型と呼ばれており、入社当初は経験や能力が十分ではないということで、低いケースが多くなります。

しかし、経験を積んでいくことで高い収入を得ることが期待できます。一方で、派遣社員は垂直立上げ型と呼ばれており、最初から比較的収入が高いケースもありえます。ただし、一般的な社員のように昇給していくことが少ないことから、経験を重ねても収入が上がりにくいというデメリットがあります。

つまり年収ベースで比較すると、ある程度の経験を積んだ正社員と派遣社員に大きな差はないケースが多いといえます。派遣先企業があなたの肌に合うのであれば、派遣社員でいる間に集中的に知識と経験を得て、積極的に派遣先にアピールしてみましょう。
ただし、先述の収入事情から直接雇用となった際、一時的に年収が落ち込むことも考えられますので、準備はしっかりと。

派遣会社によって待遇が異なる

派遣社員の待遇は、派遣先の会社というよりも派遣元である派遣会社によって異なります。最も顕著に現れやすいのが給与です。派遣先企業において、周囲の正社員と同じような仕事をしているにもかかわらず、正社員がもらっている給与と自分が受け取る給与を比較したときに差異が生じるケースは少なくありません。これには正社員の方が高額である場合、派遣社員の方が高額である場合の両方が存在します。

あくまでも給与を支払っているのは派遣元企業となるので、まったく同じ待遇になることはないでしょう。また、その他にも先に紹介したように、派遣元企業によっては交通費が一定支給される場合もありますが、そもそも交通費を時間給に含んでいるケースも少なくありません。

これに対して一般的な正社員であれば、交通費は別途支給であるケースがほとんどなので、その点で派遣社員は負担が大きくなりやすいというデメリットもあるでしょう。

即戦力を求められる

派遣社員には、即戦力が求められます。中途採用を除いて一般的な正社員の場合、業務経験がない、または浅いことをある程度想定したうえで採用を行います。そのため、できない業務があったとしてもOJTを通じて成長していけば良いという考えが一般的です。

もちろん、中途採用の場合でも一定の能力があれば良いと評価されることが多いでしょう。しかし、派遣社員の場合は、必要な業務をこなせる能力を持った人材が求められます。

つまり、現時点で必要な能力を有する人が必要なのです。将来的な成長はあまり求められていないともいえます。ただ、すでにある能力が求められていることから、勤務開始時点から高い給与が得られるというメリットがあります。
必要なスキルによっては時給3,000円~5,000円という派遣社員も実在し、年収1,000万円を超える派遣社員もいるのです。

また、求められる高い能力を有している場合、派遣先の管理職や経営者層と直接の関係を持てる可能性もあるでしょう。

無期雇用派遣とは

ここでは、無期雇用派遣とはどのようなものなのかについて、詳しく紹介します。無期雇用派遣というのは、派遣元である派遣会社と無期雇用契約を結んでいる派遣社員のことをいいます。

一般的には、派遣の都度派遣元と有期の雇用契約を締結することが多いのですが、労働契約法の改正により、通算5年を超えて反復して更新された場合、無期労働契約に転換できるようになったのです。

無期雇用派遣のメリットとデメリット

無期雇用派遣の最大のメリットは、雇用が保障されるということです。派遣先の契約が満了したとしても、次の派遣先を派遣元企業がさがしてくれるので職を失う心配はないでしょう。また、長期的に働くことができるというメリットもあり、年齢を重ねていっても安心感があります。

さらに、派遣先の就業期間は3年という上限も、無期雇用派遣の場合は適用対象外となるので、同一の派遣先に長期で働くことができるという点がメリットです。

一方で、無期雇用契約となってしまうので、一般的な派遣社員のイメージでもある自由な働き方というのができなくなります。また、派遣元の都合により就業先の企業を決められることがあるので、頻繁に派遣先を変えられるケースもあります。

無期雇用派遣と正社員の違い

無期雇用派遣は、期間の定めのない派遣契約なので、「正社員と同じではないか?」と考えられやすい傾向です。しかし、これらは性質がまったく異なるものです。期間についての契約内容が無期となることで、その他の内容については、通常の派遣契約と同一のものとなります。

つまり、正社員と同じ扱いなのは、「期間」だけであり、給与や賞与、その他の労働条件などの待遇は、通常の派遣社員と変わりません。そのため、無期雇用派遣は、正社員であるとはいえないので、注意が必要です。

まとめ

派遣社員は、即戦力として高い能力が求められるものの、職種の選択肢が多く、ある程度自由に働くことができるメリットがあります。しかし、3年以上同一の職場で働くことができない、雇い止めの心配があるなどの制約やリスクもあるでしょう。

その他にも、正社員との待遇が異なることで不満を持つ方も少なくありません。メリットやデメリットを理解したうえで、派遣社員という選択をする必要があるでしょう。

無期雇用派遣では、自由度が下がってしまうというデメリットがあるものの、期間の定めのない契約になるという安心感を得ることができます。

記事一覧へ