コラム

正社員だけど派遣される常用型派遣とは|特定派遣の意味と併せて解説!

派遣社員といえば、正社員とはまったく異なる仕事の形態と思われがちです。しかし、正社員だけど派遣社員として企業に働きにいく常用型派遣という働き方があることをご存じでしょうか?

ここでは、常用型派遣がいったいどのような雇用形態なのか、常用型派遣の仕組みやメリット・デメリット、そして特定派遣と併せて詳しく解説します。

常用型派遣とは

常用型派遣というのは、派遣会社と期間の定めのない契約を締結して、「派遣会社の正社員として他の企業へ勤務する働き方」のことをいいます。派遣社員は、派遣会社に登録をして派遣先が決まったら有期雇用契約を結び勤務することが一般的ですが、これは登録型派遣と呼んでいます。

登録型派遣での有期雇用契約の場合、派遣先の派遣契約が切れると、派遣社員と派遣会社との雇用契約も解消となります。

一方で、常用型派遣となると、期間の定めのない雇用契約を取り交わしているため、派遣先会社との派遣契約が切れたとしても、派遣会社と派遣社員の雇用契約が切れることはありません。つまり、一般的な登録型派遣とは、まったく異なる契約体系であるといえるでしょう。

常用型派遣の仕組み

まず派遣社員と派遣会社が期間の定めのない雇用契約を締結します。これによって、派遣社員は派遣会社の正社員として籍を置くこととなります。派遣会社は、常用型派遣で契約した社員が働く派遣先企業を準備して、派遣先企業と派遣契約を締結して、社員を派遣します。

派遣社員は、派遣先企業の指示命令系統のもとで、求められる労働力を提供します。そして、派遣元である派遣会社から毎月の給与をもらうカタチになります。

ここまで、常用型派遣の仕組みついて紹介してきましたが、実は一般的な登録型派遣と仕組みはまったく同じであることがわかるでしょう。

常用型派遣というのは、派遣社員と派遣会社との雇用契約の内容で、契約期間の定めがないことを除けば、通常の登録型派遣との間に大きな違いがありません。つまり、雇用契約について期間の定めがあれば登録型派遣、定めがなければ常用型派遣社員と大まかに分類することができるのです。

常用型派遣のメリットとデメリット


ここでは、常用型派遣で働くことのメリットやデメリットについて、詳しく解説します。

常用型派遣のメリット

常用型派遣における最大のメリットは、派遣先の会社との派遣契約が解消されたとしても、派遣会社と派遣社員の雇用契約は解消されないということです。これによって、仕事がない期間が発生した場合でも、無職になることがなく給与もしっかりと支給してもらうことができるでしょう。

また、派遣会社としても人材を遊ばせておくわけにはいかないため、派遣契約が終わったとしても積極的に次の派遣先を探してくれます。安定した雇用を手に入れることができるため、不安定になりがちな派遣社員であっても安定した仕事を得ることができるでしょう。

また、派遣会社によっては毎月の給与だけではなくボーナスの支給や定期昇給が実施されるケースもあります。通常の登録型派遣の場合は、有期雇用契約なのでボーナスや昇給がないことのほうが多いのですが、派遣会社の正社員として雇用されるので、待遇面で優れているケースが多いのです。

さらに、交通費の支給や住宅手当などの手厚い待遇を受けられる派遣会社もあります。

常用型派遣のデメリット

常用型派遣のデメリットもいくつかありますが、そもそも常用型派遣として採用されるまでのハードルが登録型派遣より高いというデメリットがあります。一般的な登録型派遣の場合、登録自体は誰でも簡単にできます。しかし、常用型派遣の場合は、期間の定めのない社員雇用となるので、書類選考や面接を受けなければならないのです。

また、常用型派遣では派遣社員ならではの自由度が下がるというデメリットがあります。登録型の派遣社員であれば、派遣期間が満了すれば長期休暇のようにゆっくりする期間を設けることも可能です。

しかし、常用型派遣の場合は派遣契約が満了したとしても、派遣会社との雇用契約が継続されるので、すぐに次の会社に派遣されるケースが非常に多くなります。場合によっては、引越しをしなければならないこともあるでしょう。勤務日も自由に選ぶことができずに、週5日のフルタイム労働となります。

必ずしも正社員雇用ではなく、契約社員雇用となることがあるので注意が必要です。

特定派遣とは

特定派遣とは、派遣社員が派遣会社と期間の定めのない雇用契約を結んで、派遣会社が指定する派遣先で勤務する勤務形態のことをいいます。

常用型派遣との違い

上記のような説明をすると、「特定派遣と常用型派遣はまったく同じ雇用形態なのではないか?」と感じてしまうことでしょう。実のところ、特定派遣と常用型派遣の派遣社員の働き方としては、まったく同じものです。

特定派遣というのは、派遣社員の働き方の形態ではなく派遣会社の派遣事業のやり方を指します。派遣事業を行う際には、一般派遣と特定派遣に分類されていました。一般派遣では、通常の登録型派遣だけを行っている派遣会社、そして登録型派遣と常用型派遣の両方を行っている会社が該当します。

特定派遣というのは、いわゆる常用型派遣のような期間の定めのない派遣だけを行っている派遣会社がそれに該当していました。特定派遣のほうが事業を開始するにあたってハードルが低かったため、常用型派遣事業を行う会社が非常に多かったのです。

しかし、2015年9月に派遣法が改正されたことにより、特定派遣を廃止して常用型派遣だけの事業であっても一般派遣と同じハードルが必要となりました。経過措置として、すでに届け出を行っている派遣会社であれば、2018年9月29日まで事業を継続できましたが、現在は特定派遣事業を行っている会社は存在しません。
ないとは思いますが、万が一「現在特定派遣事業を行っている」という会社があれば、その会社と付き合いを続けることはお勧めしません。

常用型派遣と一般の正社員の違い

それでは、常用型派遣と一般社員ではどのような違いがあるのか、詳しく紹介します。

同じ派遣先で長く働けない

一般的な登録型派遣の場合、3年を超えて継続して同じ派遣先企業で勤務することができません。派遣社員を不当な雇用から守るために、3年以上継続して働かせる場合には、派遣ではなく直接雇用するかどうかを派遣先企業は決定しなければならないのです。

しかし、常用型派遣の場合は、このルールが適用されないので同じ派遣先企業で3年以上継続して働くこともできます。ただ、それはあくまでも理論上ということになるので注意しましょう。派遣先会社が契約を継続してくれれば、何年でもその会社で勤務することが可能です。

しかし、派遣先会社の事情によって派遣契約が打ち切りとなるケースも少なくありません。そもそも、正社員を雇用するほどでもないことから、派遣契約をしていることが多い傾向です。そのため、事業形態が変わって不要になったり、別途正社員を雇用することになったりすると、派遣契約が必要ではなくなります。そうなってしまうと、別の会社で働き始めなければなりません。

与えられた仕事しかできない

一般企業の正社員の場合、入社してすぐは勉強もかねて先輩の補助として仕事を覚えていって、独り立ちをすることが最初の目標です。仕事を覚えていくと新しい仕事を覚えたり、部下を従えて経営管理をするようになったりするなど、徐々に仕事がステップアップしていきます。責任も大きくなりますが、やりがいもかなり大きいといえるでしょう。

一方で、派遣社員として派遣されると与えられた仕事しかできないことはデメリットに感じる人もいるかもしれません。最初は、その与えられた仕事に楽しみを見いだすことができるでしょう。しかし、その会社に慣れてきて、新しいことをやりたいと思っても派遣先が他の仕事を与えてくれなければ、何年働いても同じ仕事ばかりすることになりかねません。それゆえ、仕事に対して新鮮味を感じにくくなるなどのリスクがあります。

転職せずに経験を積める

常用型派遣として正社員雇用された場合、転職をせずともさまざまな業界や職種を経験することができます。もちろん、一般企業の正社員でもジョブローテーション制度などを採用している大手企業などになると、定期的にさまざまな部署に配属して、新しい経験を積むことができます。

しかし、すべての企業がそのような制度を採用しているわけではないので、一度配属されると定年までそのままというケースも少なくありません。常用型派遣の場合は、正社員として雇用されたとしても、仕事内容は派遣社員と同等ですので、一つの企業の派遣契約が終了すれば、次は全く違う業界や職種で働くことが可能です。

頻繁な転職をして、履歴書の職歴欄を汚すことなく、さまざまな業界の経験を積むことができるのは、派遣社員ならではの特徴といえるでしょう。

景気影響を受けやすい

「常用型派遣は、期間の定めのない雇用契約だから不景気でも安心」と思ってしまいがちです。もちろん、登録型派遣に比べると景気の影響を受けづらいのは確かです。しかし、一般企業の正社員と比べると景気の影響は大きいといえるでしょう。

たとえば、不景気になってしまうと派遣を受け入れている企業は、自社の正社員や契約社員ではなく、まず派遣の契約を解消することが多くなります。不景気が理由となるとまず避けることは難しいでしょう。もちろん、派遣契約が解消されれば、派遣会社は新たな派遣先を提供するために登録型派遣への派遣先の提供を減らして、常用型派遣へ派遣先を回すようになります。

しかし、不景気が続いて派遣契約がどんどん打ち切りになっていくと、常用型派遣であっても仕事を提供するのが難しくなるのです。そうなると、派遣会社も経営が難しくなって、リストラを強行したり、休業させたりしなければならない状況になるかもしれません。

まとめ

常用型派遣とは、正社員として雇用されても、通常の派遣社員のようにそれぞれの企業に派遣されて勤務する働き方の一つです。派遣会社と期間の定めのない契約をすることによって、安定のある雇用を手に入れることができるでしょう。

ただし、一般的な登録型派遣と違って、自由度が下がるなどのデメリットもあります。常用型派遣として働きたい場合はメリットやデメリット、一般企業の正社員との違いを理解して応募するようにしましょう。

記事一覧へ