コラム

コールセンターは男性の求人多数|現場の口コミや注意点も紹介

女性がたくさん働いているイメージが強いコールセンター。実は男性の働く姿も少なくなく、安定した求人数があります。声を武器にお客様とコミュニケーションを図る仕事であるコールセンターは、女性にはない男性ならではの強みもあるためおすすめです。

ここでは、男性がコールセンターで働くメリットや男性に向いている職場の種類、そして注意点などをまとめて紹介します。

 

コールセンターの男女比

コールセンターに電話したとき、電話口に男性が出るか女性が出るか、どちらのイメージがあるでしょうか。一般的に、コールセンターには女性がたくさん並んでいて、数多くの電話の応対をしていると思うかもしれません。たしかに、コールセンターは女性が活躍しやすい職場のため、実際に働いたことのある人に聞いてみると「女性がほとんどだった」「男性より女性の方が多く、キャリアも長い人ばかり」といった感想を耳にします。

しかし、大半が女性という世間のイメージとは違い、企業によって異なるものの女性が約6割、男性が約4割程度といったところが平均的な割合です。思ったより男性が多く働いているとわかるでしょう。

女性が多いと感じるのは、コールセンターの中でも企業から個人に電話を掛ける発信業務をしているのは女性が多いからです。自宅の固定電話にかかってくる通販は女性向けの健康食品や美容グッズ、下着類などのメーカーが多いため、こういった企業では女性をコールセンターで多く採用しているといった背景もあります。

たとえば、女性向けの商品のセールスでは女性のオペレーターの方がスムーズにやりとりができます。お客様も化粧品や下着について細かな質問をしたり、実際に注文したりする際、電話口が男性だと気を使ってしまいがちで安心して相談・注文できないからです。化粧品を使った感触や下着の装着感など、実際の商品の感想はやはり同じ女性から聞きたいと思うのはナチュラルなことだといえるでしょう。

ただ、企業への問い合わせに対応する受信業務が中心のコールセンターでは男性の比率は高くなります。コールセンターは派遣社員の女性が多く働いている職場ですが、正社員になると男性が働いている企業も増えるからです。男性オペレーターだけでなく、コールセンターのチームリーダー的な存在であるSVといった存在や全体を統括する管理職には、男性が目立つようになります。また、24時間稼働しているコールセンターでは、夜勤の時間は男性の比率が高いのも特徴です。昼間は主婦やシングルマザーといった女性が派遣社員やパートで入っていることが多いのですが、深夜に働ける女性が少なくなるため自然と男性オペレーターが目立つようになります。

さらに、家電やパソコン、スマホといったメカニカルな商品や金融関係、不動産など専門性の高い商品を取り扱っている企業のコールセンターになると、知的な印象を与えて信頼感のある男性の声が好まれる傾向が強く、たくさんの男性オペレーターが活躍しています。

 

コールセンターで男性が働くメリット

男性がコールセンターで働く際のメリットは何でしょうか。具体的に3つのポイントを紹介します。

・昇進が狙える

コールセンターの中でもメカニカルやWEB・サーバーといったテクニカル系のほか、顧客からの苦情を受け付けるクレーム系、セールスを掛けて商品やサービスを売り込む営業系は男性が活躍しやすい職場です。単に商品の受注業務や相談業務にとどまらず、専門的な知識が必要だったり、お客様に理解してもらえるように説明したりする才能、売り込むセールススキルなどが求められるため、電話対応に必要な技能レベルが高くなるからです。したがって、成績を積み重ねればコールセンターのそれぞれの部署を管理するSVといった役職に就いたり、さらに上位の管理職に引き上げられたりする可能性も出てきます。

実際に女性の多いコールセンターでも、ベテランのオペレーターやSVの中に男性の姿を多く見かけます。

 

・声に安心感がある

女性よりも声が低めで落ち着いた印象を与えるため、同じ話の内容でも男性のオペレーターを信頼するお客様が多くいます。男性の声には頼もしさや知的な印象があるので、親しみを感じやすい女性の声とは異なるメリットがあるからです。

コールセンターとしては女性の声だけでなく、安心感のある男性の声もまんべんなく揃えて顧客との対応に当たりたいと考えています。女性が圧倒的多数のコールセンターでも男性オペレーターがいるのは、女性にはない声質を期待されているのも理由の一つです。

 

・いざというとき頼りにされる

クレーム対応の場合、女性ではなく男性が出るまで納得してもらえないお客様も存在するため、特別な対応を必要とするケースで男性オペレーターが活躍します。

また、オペレーターの管理業務やコールセンターで必要な専門的知識を身につけた男性は、仲間や部下から信頼されるので、オペレーターからの相談やサポートを期待されます。

系統別で男性におすすめするコールセンター

男性が活躍できるコールセンターには次のようなタイプがあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

・テクニカル系

パソコンやスマホの使い方やインターネットの設定方法、家電や電子機器の故障修理など、専門的な知識を必要とするコールセンターでは男性が多く活躍しています。電子機器や機械関係に親しみのある男性が多いので、コールセンターで求められる知識を習得しやすく現場でもスムーズに馴染みやすい傾向があります。

 

・営業系

不動産や金融商品から健康食品の通販まで、セールスで売上を稼いでいくタイプのコールセンターです。営業した実績を歩合制で評価している会社も多く、基本給や時給と別に高収入を望めます。営業トークで最後はしっかり畳みかけるように商品やサービスを買わせるのに、知的で信頼感のある男性の声は人気があります。

 

・夜勤系

女性オペレーターが少なくなる夜間や深夜・早朝の時間帯は男性が多く活躍できます。夜間手当も付くため夜勤専門でオペレーターをして生計を立てている男性もいるほどです。

夜勤は体力が必要だったり、コールセンターによってはお客様の突発的なトラブルを専門に対応したりするところもあるので、男性の強みを生かすことができます。

 

・クレーム系

商品やサービスの不具合や故障から接客や営業の問題点まで、企業に集まるクレームを処理するコールセンターです。お客様の立場になって、慎重かつデリケートな対応が求められるため、精神的に非常にストレスフルな現場といえます。

また、女性オペレーターを下に見る古い男女観を持ったお客様もいます。クレームの中で「女じゃなくて、電話に男を出せ」といってくる場合があると、男性オペレーターが電話を変わって対応することも珍しくありません。

 

コールセンターで男性が働く際の注意点

女性の割合の多いコールセンターでは、女性とのコミュニケーションに尻込みせず、上手に人間関係を築いていかなければなりません。

女性の輪の中に男性が入っていくのは難しいかもしれませんが、業務をスムーズに行える程度の基本的なコミュニケーションのやりとりは大切です。

女性は職場のメンバーと仲良くなって、休憩中も親しく仕事の愚痴を話してストレス発散する傾向があります。その分、グループが生まれがちですが、いつも女性との距離感を適切に守るようにして、女性同士の派閥争いに巻き込まれないようにしましょう。

また、オペレーターとして経験を積んだ男性ほど、クレーム対応や内容の難しい応対が必要なとき、女性オペレーターからバトンタッチされるケースが増えてきます。信頼されているからと割り切って、頼まれた仕事はできるだけこなすようにしていくこともポイントです。

まとめ

女性の活躍の場というイメージが強いコールセンターでもたくさんの男性オペレーターが働いています。男性の声だから生まれる安心感で顧客との対応がスムーズにいったり、職場で頼りにされたりと、メリットもさまざまです。

テクニカル系や営業系のように、男性が活躍しやすいコールセンターもあるほか、夜勤のニーズも高いのでぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

記事一覧へ